堀川すなお sunao horikawa

@SUNAO HORIKAWA All Rights Reserved.

WORKS

  • バナナ#552
  • バナナ#552
バナナ#552

2020

バナナ#552"バナナ#3.(28)F.観察;日本人#1"google翻訳、読み;ザンビア人/ザンビア共和国(23)#1F.2010-11

今まで過去に見た全ての物事は、肌の中にある。宗教や文化もそうです。もちろんどのようにそれがそうである記述することもです。ドローイングは経験を持っています。ドローイングをする時、ドローイングは経験を持っています。人が何かについて話すということは、経験が必要です。その経験は私の民族性や宗教を持っています。私の場合、何か絵を描くことはそれを信じることです。描くことや書くことは信じることです。私はクリスチャニティーで、ザンビアに属しています。アフリカンということでしょうか。私の民族性や宗教は絵を描く際や文章を読む際にとても反映されていると思います。なぜならすごく昔にアシスタントをしてよく絵を描いていましたが、人々は私たちのことをアフリカ人として批評していました。ドローイングも文化の一部です。どのように私たちを表現するか、芸術もまたどのようにアフリカ人を彼ら自身として表現するか。

顔料、ダンマルワニス、テレピン、オイルパステル、タルク、合成樹脂塗料、綿布、シナランバーパネル

Banana#552“Banana#3.(28)F.Observation;Japanese#1“Google translation, Reading;Zanbian/Republic of Zambia(23)#1F.2010-11

Everything I've seen in the past is in my skin. So is religion and culture. Of course it is also a description of how it is. Drawing has experience. When drawing, drawing has experience. It takes experience for a person to talk about something. That experience has my ethnicity and religion. In my case, to draw something is to believe it. To draw and to write is to believe. I am Christianity and belong to Zambia. Is it African? I think my ethnicity and religion are very much reflected in drawing and reading. Because I used to be an assistant and often paint a long time ago, but people criticized us as Africans. Drawing is also part of the culture. How to express us, how art also expresses Africans as themselves. (by google translation 2020.02.21.19:57:14 JST)

Pigment, Dammar Varnish, Turpentine, Oil pastel, talc, Synthetic resin paint, Cotton cloth, Sina lumber-core plywood

photo by Kai Maetani

ページの先頭へ

© SUNAO HORIKAWA All Rights Reserved.

ページの先頭へ